コラム 詳細

コラム:消費者の目

【花ちゃん】

2013.04.03 
【消費者の目】 格安航空会社と人々のニーズ一覧へ

 仙台に住む後輩から、スカイマークが福岡―仙台に定期便を就航させるというニュースを聞きました。早めに予約するなど割引を活用すれば、最安値は片道1万円。わずか1時間45分で福岡と仙台を結びます。

 私は2年ほど前、東京から長崎までスカイマークを利用しました。ユニークだったのは、長崎便と神戸便が一つの飛行機に相乗りしていることでした。神戸に着くと一旦全員を降ろします。神戸で降りる人はそのまま出口へ、長崎に向かう人は待合室に通されます。その後、東京から長崎に行く人と、神戸から長崎に行く人の両方を乗せ、長崎に向かうという具合です。

◇   ◇

 キャビンアテンダントさんがウインドブレーカー姿だったことにも驚きました。他にも、航空機の機種を絞り込んだり、多くの座席数を確保するために前の座席との間隔を狭くしたりしてコスト削減に取り組んでいます。1座席を1km飛ばすのにかかるコストは、ANAが15円なのに対し、スカイマークがほぼ半分の8円程度(2010年)だそうです。

◇   ◇

 世界的な航空自由化の流れはLCCと呼ばれる格安航空会社の台頭を後押ししています。今後ますます競争は厳しくなっていくと思われます。
 しかし、お客様のニーズは本当に様々です。安い価格を求める人もいれば、高くても良いサービスを求める人もいます。また、その中間にもニーズは存在します。どこに自分たちのポジションを見出してお客様に満足していただくか、これからも注目していきたいと思います。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ