左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【コラム・消費者の目】変わるゴルフ場2013年9月6日

一覧へ

【花ちゃん】

 インターネットの普及がゴルフのあり方を大きく変えています。
 ゴルフ場は会員同士の社交の場から、ゴルフというスポーツを誰もが楽しめる場所へと変わりました。以前は、自らがそのゴルフ場の会員か、そうでなければそのゴルフ場の会員から紹介を受けるか同伴してもらわない限り、そのゴルフ場でプレーすることができませんでした。今は、インターネットを通じて誰でも簡単に予約できるようになりました。

 私がゴルフを始めた1985年はバブルの走りで、多くの企業が接待のためにゴルフを使っていました。ゴルフ場の会員権相場が信じられない勢いで高騰し、都心から車で2時間以上かかるゴルフ場ですら予約が難しい時代でした。
 しかし、バブルが弾けたことで接待ゴルフが激減するなど、ゴルフ場の経営が一気に悪化。ゴルフ場は集客に様々な工夫を凝らすようになりました。その工夫の一つがインターネットを使った集客です。

◇   ◇

 インターネット予約が始まった当初は4人または3人1組単位での予約が中心でしたが、やがて2人1組でも予約を取るゴルフ場が現れました。
 今では1人でも予約できる専用サイトもあります。1人で申し込み、ゴルフ場に行って初対面の人達とゴルフを楽しむのです。インターネットとゴルフが融合することで生まれたプレースタイルです。
 イギリスの自然科学者、チャールズ・ダーウィンはこう言っています。強い者、頭の良い者が生き残るのではない。変化するものが生き残るのだ。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る