コラム 詳細

コラム:消費者の目

【花ちゃん】

2013.09.06 
【コラム・消費者の目】変わるゴルフ場一覧へ

 インターネットの普及がゴルフのあり方を大きく変えています。
 ゴルフ場は会員同士の社交の場から、ゴルフというスポーツを誰もが楽しめる場所へと変わりました。以前は、自らがそのゴルフ場の会員か、そうでなければそのゴルフ場の会員から紹介を受けるか同伴してもらわない限り、そのゴルフ場でプレーすることができませんでした。今は、インターネットを通じて誰でも簡単に予約できるようになりました。

 私がゴルフを始めた1985年はバブルの走りで、多くの企業が接待のためにゴルフを使っていました。ゴルフ場の会員権相場が信じられない勢いで高騰し、都心から車で2時間以上かかるゴルフ場ですら予約が難しい時代でした。
 しかし、バブルが弾けたことで接待ゴルフが激減するなど、ゴルフ場の経営が一気に悪化。ゴルフ場は集客に様々な工夫を凝らすようになりました。その工夫の一つがインターネットを使った集客です。

◇   ◇

 インターネット予約が始まった当初は4人または3人1組単位での予約が中心でしたが、やがて2人1組でも予約を取るゴルフ場が現れました。
 今では1人でも予約できる専用サイトもあります。1人で申し込み、ゴルフ場に行って初対面の人達とゴルフを楽しむのです。インターネットとゴルフが融合することで生まれたプレースタイルです。
 イギリスの自然科学者、チャールズ・ダーウィンはこう言っています。強い者、頭の良い者が生き残るのではない。変化するものが生き残るのだ。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ