コラム 詳細

コラム:消費者の目

【花ちゃん】

2013.10.07 
【コラム・消費者の目】日本食の出番だ一覧へ

 9月にシンガポールを訪れた時のことです。空港からホテルに向かうタクシーの中、運転手さんと食べ物の話に花が咲きました。
 彼は日本食が大好きとのことで、昨年は北海道にカニを食べに行ったそうです。ついでにラーメンも食べたと満足気に話してくれました。シンガポール市内には多くの日本食のレストランがあり、地元の人たちで賑わっています。ここでも日本食の人気のほどが窺えました。

 シンガポール在住の友人によると、日本の食材はお金さえ出せば何でも手に入るそうです。
 例えば、納豆は3パックで3〜4シンガポールドル。今の為替レートで換算すると日本円で250〜300円ほど。日本で買う価格の3〜4倍はします。とはいえ、インターネットでも注文できるなど、簡単に手に入るのでありがたいとのこと。
 食のグローバル化が進むにつれて、日本の食材の出番はますます増えてきそうです。

◇   ◇

 日本食はお寿司に代表されるように健康食として欧米で人気を博しましたが、ここにきてその美味しさが注目されるようになりました。特に東南アジアの人々にとっては、神戸ビーフに代表される高級食材が一つのステータスです。
 日本への旅行で美味しい料理に触れ、母国に帰っても楽しめるとなれば、日本の食材の消費量はますます増えるでしょう。

◇   ◇

 今のトレンドを追い風に、東京にあるような県産品のアンテナショップを海外の主要都市に作るなどすれば、日本の農産物の輸出を飛躍的に増やすことも夢ではないと思いました。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ