人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

【地方から東京にひとこと】政治の目標を農村復興に2015年10月7日

一覧へ

【金右衛門】

 釜めしで有名な群馬県「横川駅」はJR信越本線の終点だ。そこから旧中山道を散策する一日ウォーキングに参加した。明治時代には軽井沢に抜けるヒスイ峠の急勾配は、ドイツ人技師によるアプト式レールの上を汽車は駆け上っていた。それが昭和の高度成長期を経て、北越新幹線が開通し、平行する在来線の横川―軽井沢間は平成9年に廃止された。

 さらに高速道路が山間をぬって関東から日本海側へ貫通している。遡る江戸時代は、この辺り京都から江戸へ通ずる交通の要所として賑わった。横川の隣の坂本は旅人が一休みする宿場町として繁盛していた。皇女和宮も泊まった。句会が盛んで俳人小林一茶の定宿だったという旅館もそのまま残っている。
 しかし、平成の今日、昼間、街中はほとんどシャッターが下りて人の気配がない。偶々行き会った60代の地元の男性は、この辺り8軒の集落が4軒は空き家です。その4軒も年寄りだけで若い人はいません。高台の小学校は5年前に閉鎖され、そのまま放置されている。雨が降って水の溜まったプールでは、猿の群れが夏のある日に水浴びしていましたよという。イノシシも出るらしい。孤島でもなく東京から2時間で行ける美しい山合の地域なのにこの状態である。
 首相などの大物政治家が大勢選出されている群馬県なのに、過疎で、ゴーストタウンを生んでいる。開発優先の政治が続いて農山村の県民・村民・地域住民は置き去りにされたようだ。しかし、地方から東京を目指して若者が出てゆく現象はいまだに続いている。東京は土地が狭い。多くが高層マンションに住む。大都市としての東京は歴史が浅いが、大都会ロンドンの数百年の歴史が示す怖い例がある。高層マンションの家、土を踏まない空中に育つ人間が3世代続けば、その子孫は骨に原因不明の異常が現れたという。それだけ、土や森や自然環境は人の生活には欠かせない。長期の政治目標は経済オンリーでなく地方再生、農村復興だろう。リュックを背負って歩けば日本は広い。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る