JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

信用が組合の礎2017年4月21日

一覧へ

【秋田義信(元・青森県農協学園長)】

 農協の前身である戦前の産業組合に、組合員の「信用程度表」というものがあった。法令によって義務付けられていたものだが、これは組合員に対する貸付けに用いるものだ。組合員名簿に五段階に数字が記されていて、各組合員の資産、既貸付、過去の返済状況、組合利用度、個人信用などによって格付けされていた。
 組合が格付けするために諮問される信用評定委員会があり、その委員は総会の承認を経て選任された。組合長や専務などの恣意的な貸付のブレーキ役でもあったのである。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る