コラム 詳細

コラム:正義派の農政論

【森島 賢】

2019.07.22 
【森島 賢・正義派の農政論】野党の弛緩した選挙協力一覧へ

 昨日の参院選で自民党は57人が当選した。全改選議席の46%だから、自民党の善戦といっていい。4野党も32の1人区で、10人が当選したのだから善戦といっていいだろう。
 では、誰が惜敗したのか。それは弱者である。今後しばらくの間、安倍晋三政権の一強政治が続く。その間、弱者の苦難が続く。
だから、それを阻止できなかった責任は、野党にある。野党も善戦したなどと言ってはいられない。
 ここには、4野党の選挙協力の弛緩がある。選挙協力に魂が入っていなかったのではないか。だから、弱者や無党派層といわれる人たちの魂を動かせなかった。そして、彼らの広範な支持が得られなかった。
 4野党には、政治は国会で行うものという固定観念に捉われているのではないか。だから、幹部は、2年後の衆院選に勝つ足場ができた、などと呑気なことをいっている。
 だが、そうではない。政治は、日常的に国民の中で行われている。

colu1907220801.gif

 上の図は、先週のこの欄の図に、昨日の結果を加えたものである。
 自民は、1人区では前回なみの議席だったが、複数区と比例区を含む全体では、前回以上の議席を得た。公明との選挙協力が成功したのだろう。自民は前回と比べて善戦したのである。

 


colu1907220802.gif

 この図も、先週のこの欄の図に、昨日の結果を加えたものである。
 この図からも、自民の善戦がみてとれる。全体での自民の議席獲得割合をみると、自民の、かなりの善戦といっていいだろう。

 

 

 さて4野党の弛緩である。
 ここには、弱者の魂を揺さぶるような公約がなかった。現場主義がないからである。選挙のときだけ現場を見るというのではだめだ。日常的に弱者の苦難を見ていなければならない。そうして、現場で弱者と一緒になって、公約を練り上げねばだめだ。今回は、それがなかった。だから、弱者の魂を揺すぶることができなかった。いわゆる無党派層を、投票所に向かわせることが出来なかった。
 もういちど強調したい。政治は国会の中だけではなく、国民の中に日常的にあるのだ。
(2019.07.22)

(前回 参院選は農村の1人区が正念場

(前々回 ■ 梶井さんを偲ぶ ■

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ