左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【森島 賢・正義派の農政論】野党の離合集散劇は見飽きた2020年1月20日

一覧へ

【森島賢】

 野党は前国会で、桜問題やモリカケ問題を取上げて、政府を激しく追及した。その結果、政府の支持率はやや下がった。しかし、野党の支持率はほとんど上がらなかった。
 今日から始まる新しい国会でも引き続いて、野党はこれらの問題を追及するというが、国民の支持率を上げる戦略があるのだろうか。
 国会が今日から始まるというのに、立憲、国民を中心にした合流問題は、とうとう見送ることになった。その一方で幹部は、来月にも国会が解散されて総選挙が行われるかもしれない、と党内で警告している。
 野党は、次の総選挙で勝つための、どんな戦略があるのか。国民は、野党の離合集散劇は見たくない。いったん幕を下ろしたらどうか。

 政府の不祥事の底には、野党に対する軽視がある。野党に不祥事を攻撃されても、野党の支持率は上がらない。したがって、政権は安泰だからである。
 野党は奮起しなければならない。そうでないと、いまの状況がいつまでも続く。その間も、農業者など弱者の苦難が続く。輸入農産物を増やすことで価格が下がり、農業者が困窮するし、農業者などの弱者は、医療費の負担増で医療を抑制される。
 このような弱者の困窮をよそにして、野党は合流劇を続けているし、政府の不祥事の追及だけを行っている。
 ここで言いたいことは、合流に反対ということではないし、もちろん、不祥事を見逃せ、ということでもない。
 野党に聞きたいことは、合流しさえすれば、そして、いまの政府に代わって、不祥事をしない内閣ができさえすれば、農業者の苦難はなくなるし、弱者は医療を抑制しないですむのか。そこのところを、聞きたい。
 そこのところを、しっかりと考えねば、野党に対する弱者の支持は得られないだろう。

 合流劇にしても、不祥事の追及にしても、興味本位のマスメディアにとって、視聴率を上げるために好都合なことである。つまり、視聴率を上げることは、マスメディアの経営にとって死活問題である。だから劇場的に取り上げる。正義の主張は、その次の関心事なのである。
 野党はそれに惑わされているのではないか。

 野党が合流する目的は、安倍晋三政権に代わって、自分たちが政権を奪取することだろう。政府を追及する目的も、政権を奪取することだろう。そうして、弱者のための政治を行うことではないのか。
 そうだとすれば、国民の大多数である弱者の支持率を上げ、つぎの総選挙で多数派になることである。
 だから、今なすべきことは、幹部たちが行っている合流などという迂遠なことではない。選挙協力である。
 全国の各地で奮闘している党員たちや、支持者たちや、弱者たちが、次の総選挙で一致して投票する候補者を、急いで決めることだ。その協議のなかで、合流するほうが有利なら、合流すればいいだろう。
(2020.01.20)


(前回  新成人になった諸君へ

(前々回 新年の課題と視点


(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る