想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

BHC、パラチオン、セレサン石灰の登場【酒井惇一・昔の農村・今の世の中】第132回2021年1月14日

一覧へ

ジクロロジフェニルトリクロロエタン、高校の化学の授業で先生が冗談まじりにで教えてくれたDDTの正式名称、他のことはすべて忘れているのになぜかこれだけは今でも印象的に覚えているのだが、このころ(1950年代前半)にはDDTにかわってBHCが殺虫剤として使われるようになっており、農業生産にも利用されるようになっていた。

昔の農村今の世の中サムネイル・本文

私の記憶に残っているのは生家の畑での使用である。お盆が終わると東京市場向けの白菜の播種が始まる。きれいに整地して畝立てした畝の上に、藁打ちに使う木槌の下の方でトンと軽く突いて丸い円形の浅い穴をあけ(一尺間隔ではなかったろうか)、そこに3~4粒の種を撒き、さらにその上にBHCの粉をほんのちょっぴり撒いて土をかぶせる。こうすると幼苗を食べに来た虫が死んでしまう、あるいは寄ってこないので、本当に助かるのである。この種撒きの作業はちょうど夏休みの最後の頃なのでよく手伝わされたのだが、結婚したばかりのころの家内がその手伝いをしたことがあり、木槌による穴あけが面白かったと今でも話すのだから少なくとも1960年ころまではやっていた。

これは効き目があった。欠株はまったくといっていいほどなくなった。そして生育もそろい、管理や収獲、出荷もしやすくなった。

稲作でもこのBHCを散布したと思うのだが、記憶にない。覚えているのはパラチオンだ。これはメイチュウなどの駆除にものすごく効き目があると父から話を聞いていたのだが、大学院入試の面接試験で病理の教授からパラチオンの功罪について質問があった。そこでこう答えた、メイチュウやウンカなどの害虫の駆除が功で、罪は人体などに悪影響をおよぼすことだと。

研究室に帰ってきてその話をしたらこう冷やかされた、パラチオンの害は魚を殺すことだ、先生の好きな釣りができなくなる、こう答えたらもっと採点がよくなったろうにと。そういえばそうだとみんなで大笑いしたものだった。

でも、後で私が考えたのは次のことも話せばよかっということだった。パラチオンでもっとも利益を受けたのは九州で、三回も被害を与えるメイチュウが駆除される上に早播き早植えが可能になり、さらに台風の被害を回避することができたからだ、これから収量が上がっていくだろうと。実際に九州の反収は急上昇し、なかでも佐賀県などは1965、66(昭40、41)年と2年連続で米の反収日本一に輝くことになった。これについてはまた後で述べたいと思っている。

いま虫害の話をしたが、もう一つ大きな問題は病害である。化学肥料を多く投入すると稲が過繁茂、弱体化してまして病気が発生しやすくなる。稲作ではとくにイモチ病が大きな問題だった。東北などの寒冷地はこの被害を受けやすく、冷害に加えてのイモチ病で収穫皆無にすらなった。

病害に対する薬剤としてはボルドウ液が戦前からあり、白い粉を水に溶かすと青色に変わり、それを手押し式のポンプに入れ、肩にかけて噴霧して防除したものだったが、生家では畑の野菜にだけ使い、田んぼには使わなかった。費用対効果を考えたのだろう。

戦後ボルドウ液がまた出回るようになったころ、1950年ころだったと思うのだが、イモチによくきく薬としてウスプルンが使われるようになった。種子消毒用として使っていたのではなかったろうか。なぜかこの名前も記憶に強く残っている。

その2~3年後聞いたのはセレサン石灰という名前だった。イモチ病に対する効果がきわめて高い、適期に散布すると被害は抑えられるという。

実際に、1954(昭29)年の冷害でセレサン石灰を適期に施用した田んぼでは被害を軽減することができた。

セレサン石灰、東北地方などイモチ多発地帯にとってこれはまさに救命主であり、増収のための多肥にとっても不可欠となった。

多肥多收にとって後残る問題は除草だった。

酒井惇一(東北大学名誉教授)のコラム【昔の農村・今の世の中】

昔の農村今の世の中サムネイル・本文

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る