Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

オリ・パラこそ「不要・不急」の見本【原田 康・目明き千人】2021年7月13日

一覧へ

不要、不急の外出は控えてくださいが政府のキャッチフレーズとなって2年を超える。「不要・不急」とは何かを広辞苑で確かめてみた。不要=「必要でないこと、いらないこと」事例として「会費は不要」。不急=「急を要しないこと、さし当たって用のないこと」とある。

東京大会は7月23日から8月8日という真夏の暑い時期にコロナ迄加わった。大会は

メダルが目的のアスリートとビジネス・チャンスとするIOC、JOCや関係者にとっては「必要不可欠で、さし当たっての最大の行事」であるが "その他大勢"にとっては不要、不急の見本である。

長期間外出の自粛をしているのは不要、不急だからではない。各人にとっては必要不可欠でそのために資料も用意をして日程もやり繰りをして段取りをつけたが、往復の電車や少人数の会合でもコロナに感染のリスクがあるので、本人のことよりも家族や職場、周りの人に大きな迷惑をかけることになるので外出を我慢しているのだ。この状態がもう2年も続いていているので社会生活のパターンが大きく狂ってきている。

居酒屋さんがお手上げは目に見えて判りやすいので話題になるが、同じような事が日常の社会生活全体で起きている。皆が外出を我慢しているのに、世界中から人を呼ぶのはオリンピック・パラリンピックが政治とカネが後ろに控えているので中止は出来ないことが判る。

政治家が支持率を上げる手っ取り早い方法はテレビに映ることである。2001年の小泉内閣は小泉純一郎、田中真紀子両氏のテレビ出演が作ったワイドショウ内閣と云われた。菅首相も小池知事もテレビで「不要・不急の外出は控えてください」ただし「オリンピック・パラリンピックの安全対策は万全です。この難しい時期に開催をした東京大会を成功させるため大人だけではなく夏休みの生徒さんもぜひ参加をしてください」と茶の間のテレビで訴えることだ。

発言のご当人は内容が矛盾をしているとは思っていない。

(原田 康)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る