Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

「解散の万歳はお手上げのボーズ」【原田 康・目明き千人】2021年10月30日

一覧へ

国会の解散の時にはいつも議員全員が万歳三唱をするのが恒例となっているが、今回の万歳三唱は議員の皆さんの心象をよく表していた。

万歳は、広辞苑によれば多くの使い方があるが要約をすれば、いつまでも栄えること、祝福の意を表すことから万歳を三唱する。これが転じて お手上げの状態、失敗をしてどうにもならない状態になった振りをすること とある。今回は祝福のための万歳三唱ではないことはハッキリしているが議員諸氏にしてみればやけくそとお手上げのポーズではなかったか。

岸田政権になって10月8日に政権表明、17日に解散、31日に投票、コロナで選挙運動も大幅な制約を受けるということで当該の国会議員の皆さんがやけくそのお手上げとなるのは当然である。

解散のキャッチフレーズにもいろいろある。吉田内閣の「バカヤロー解散」(1953年)、小泉政権の「郵政解散」(2005年)、野田政権の「近いうち解散」(2012年)、安倍政権の「アベノミクス解散」(2014年)等。 今回は、このコラムの原稿を書いている時点ではキャッチフレーズの候補がたくさん出てはいるがまだ決まっていない。

岸田首相は「未来選択選挙」、安倍元首相は「コロナ脱却V回復解散」を主張。野党は「政権交代解散」、「一強政治終焉解散」、「自己都合解散」、「コロナ過解散」等いろいろと出ているが解散後の与党や野党の慌てぶりを見ると「ご都合解散」、「奇襲作戦解散」というのが当たっているのではないか。

岸田首相の所信表明は向こう受けをする項目はたくさん並べ政策の解説をしていたが農林水産業については、高付加価値化、輸出力の強化、多面的な機能の維持、コメの需給の安定化の4項目を並べただけで内容、対策については何も触れられていない。
農家の皆さんは このところの天候の不順による作柄の不安定、コロナによる需要量の変化等農家の生産性を上げる努力だけでは対処の出来ない条件が重なる中で懸命の努力をされている。 地に足の着いた政治が何より必要な時代である。

(原田 康)

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る