秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

米型の自由と民主主義の落日【森島 賢・正義派の農政論】2022年6月6日

一覧へ

ウクライナ紛争は、誰がみても米欧と中露の争いである。ウクライナ軍が使っている武器・弾薬は、米欧から与えられたものだし、中国は、露国側に立っている。
米欧側は、米型の自由と民主主義を世界に広めることが正義だ、といっているが、それ程のものではない。中露包囲網を作って世界から孤立させ、その後に吸収して、搾取を世界に広めたいだけだ。
だが、これは歴史の潮流に逆らっている。

米型の自由と民主主義の落日

上の図は、世界の主要国のGDP(国内総生産)が、2050年にどうなるか、を予測したものである。

2050年は、それほど遠い未来ではない。いま新しく社会に出た若者が、働き盛りの50歳になる年である。

この予測によれば、米欧のDGPが伸び悩むなかで、2050年には中国のGDPは、世界のダントツの第1位になるという。

インドの躍進も目ざましく、米国を超えて第2位になるという。

その一方で、米欧の経済は衰退する過程にある。このことは、米欧が歴史のなかで落日を迎え、やがて歴史から退場することを意味している。

日本も、第7位に転落するという。

ウクライナ紛争以前の予測だが、この歴史の潮流は変わらないだろう。

さて、この経済力の順位は、軍事力の強さの順位とみていい。

歴史の潮流をみると、一時的な、そして局地的な例外はあるが、歴史は経済力の強い方向へ流れている。必ずしも、いわゆる正義といわれる方向ではない。

歴史から去ろうとしている国が、正義を声高に唱えるのは、「曳かれ者の小唄」なのである。

このことを如実に表しているのが、上の図である。

いま米欧は、落日のさなかにあって、醜くあがいている。そして、ウクライナをそそのかし、武器と弾薬を与えて争わせている。

これは米欧の、まさしく戦争行為である。ウクライナ軍は、米欧から武器・弾薬の補給を絶たれたら、数日後には降参するしかないだろう。

ウクライナの後に米欧が狙っているのは、インドである。

だが、インドは米欧とは根本的に違っていて、れっきとした社会主義国である。インドは憲法の前文で、社会主義国と規定している。

落日のさなかにあって、米欧の悩みは深い。

つぎに東方から昇ってくる輝かしい太陽は何か。それは米型の自由と民主主義ではない。つまり、私的な利益を最上位におき、搾取を是認する経済体制ではないし、社会哲学ではない。

それは、共同体を構成する全員の利益を最上位におく、搾取のない社会、つまり、経済学で厳密に定義されている意味での搾取を否認する社会哲学である。

協同組合主義は、そのなかの一部である。

日本は、この歴史の岐路にあって、どの道を進むのか。それがいま、各政党に厳しく問われている。

国民の声を組織して政治の力にすべき政党の、ほとんど全ては、落日の残光のなかで、沈みゆく米型の自由と民主主義にしがみついている。

参院選は近い。

(2022.06.06)

(前回   農政のコペルニクス的転回を

(前々回  中露は旗幟を鮮明にせよ

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

正義派の農政論ー森島.jpg

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る