秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

農政のコペルニクス的転回を【森島 賢・正義派の農政論】2022年5月31日

一覧へ

表題は、やや大げさかもしれない。だが、いま必要なことは、コペルニクスが天動説から地動説へ転回したような、農政の大転回である。
天動説に固執していても、星の動きは追えるかもしれない。しかし、それには複雑な方程式を使った複雑な思考が必要になる。それは、星の動きの根本原理が分かっていないからである。
だが、地動説に転回すれば、星の動きの根本原理が分かって、それは、単純な方程式で表せる。それだけではない。万物の動きが、同じ単純な原理に従っていることが分かる。
農政も同じである。では、農政の根本原理は何か。それが分り、それに従えば、ごちゃごちゃした複雑な政策は不必要になる。
いま農政にとって必要なことは、そうしたコペルニクス的転回である。

正義派の農政論_20220531の図.jpg

上に示したものは、農政の憲法といわれる農基法の一部である。

ここには、農政の最重要課題である食糧安保についての、犯しがたい憲法的規定がある。

驚くべきことに、ここに「輸入」が入っている。これが、日本の食糧安保政策の混乱の根本原因である。

日本の農政を、コペルニクス的に回転すべき点は、ここにある。

食糧安保とは、いうまでもなく国民への食糧供給が侵されようとする事態を想定し、平時からそれに備えておく、という政策である。

ここで想定している事態は、凶作などの自然災害ではない。それらの事態なら、安保などという大げさな概念は使わない。

食糧安保とは、食糧の安全保障というキナ臭い概念なのである。相手は自然ではなく外敵、つまり侵略軍を想定している。つまり、相手国が採る食糧の輸出禁止、という戦術に対する政策なのである。

それがなければ、国民が飢えに苦しむ、という一大事である。だから、政治の最重要課題である。

上で示したように、農基法では、一応、「世界の食料の需給及び貿易が不安定な要素を有している」ことは認めている。だが、その原因としての国際紛争は、想定していないのだろう。だから、紛争相手国の輸出禁止は、想定外なのだろう。

そんなことで、日本は国際社会で独立は保てないだろう、というのが米国の元大統領の感想であり、忠告であり、揶揄である。

その通りで、恥ずべきことある。いま世界は、ウクライナを舞台にして、第2次大戦以来の最大の危機にある。

日本は、いまこそ食糧安保政策を確立すべきである。そのために、農基法を根本からコペルニクス的に転回して、国内の食糧生産量を飛躍的に拡大すべきである。

(2022.05.31)

(前回   中露は旗幟を鮮明にせよ

(前々回  「れいわ」の見識をロシア非難に見る

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

正義派の農政論ー森島.jpg

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る