Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

[4]十勝川西の長いも

一覧へ

[4]十勝川西の長いも
【JA帯広かわにし・北海道】
 「十勝川西の長いも」は、JA帯広かわにし、JAめむろ、JA中札内、JAあしょろ、JA浦幌町、JA新得町、JA十勝清水町、JA十勝高島の8JAで生産されている。

白さとねばりで


 北海道十勝平野の肥沃で、昼夜の寒暖差の大きな大地で育った長いもはきめが細かく、真っ白な肉質と粘りが特徴。春に植え、秋に収穫する秋掘りと、長いもを土の中で寝かせて翌年の春に収穫する春掘りの2種類がある。
 長いもは、昔から「山薬」(サンヤオ)や「山うなぎ」と呼ばれ、消化吸収に優れ、滋養強壮や夏ばて予防など機能的健康食品として知られている。また、長いもに特有のぬめりはタンパク質と多糖類の結合体であるムチンという物質で、体内の粘膜を保護する。平成18年に「十勝川西長いも」として商標登録された。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る