人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

〔309〕paripariTOMATO JAちばみどり(千葉県)【一品厳選】

一覧へ

コロナ禍で新販路

JA千葉みどり.jpgJAちばみどり管内、旭市のトマト栽培農家、石毛千明さん夫婦が研究を重ね、試行錯誤の結果、生み出した製品である。コロナ禍のなかで通年栽培しているミニトマトの新しい販売方法としてドライトマトを考え「paripariTOMATO」と名付けた。

塩や砂糖、保存料はいっさい使っていない。そのままおやつやつまみで食べたり、サラダなどの料理にプラスしてもおいしく食べられる。 

JAの直売所や道の駅でも販売する。1袋(20g)670円(税込)。問い合わせは電080―5288―0708。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る