2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【JA人事】JA本渡五和(熊本県)新組合長に梅川正氏(6月1日)2022年6月8日

一覧へ

JA本渡五和(熊本県)は5月24日に臨時理事会を開き、役員の改選を行った。梅川正組合長が選任され、6月1日付で就任した。

ja本渡五和梅川組合長.jpg梅川正組合長

【JA本渡五和 役員】
(敬称略)
▽代表理事組合長 梅川正(新任)
▽代表理事常務(総務・経済事業担当) 吉田誠(新任)
▽代表理事常務(信用・共済事業担当) 松本太一

【組合長就任にあたっての抱負】
わが国の農業情勢につきましては、以前原油高の状態が続いており、ロシアのウクライナ侵攻などにより原材料不足が加速し、円安等の要因も加わり様々な製品や商品が高騰を続けております。
管内の農業につきましては、果樹・繁殖素牛等の販売は好調に推移できましたが、依然として高齢化や後継者不足などで耕作地が減少しております。
こうした厳しい環境の中ではありますが、令和6年4月の「熊本県域JA」の発足に向け協議が進められており、当JA本渡五和としましても、県域JA構想に堂々たる水準で臨めるよう今後更なる組織・財務基盤強化に取り組んでまいります。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る