人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

【新組合長に聞く】JAアルプス(富山県)三輪組合長「農家所得向上へ一等米比率向上と新たな園芸作物も」2023年8月1日

一覧へ

今年新たに就任したJAの組合長に、直面する課題や今後の抱負について聞く「新組合長に聞く」。今回は5月27日に選任されたJAアルプス(富山県)の三輪聡組合長に聞いた。

JAアルプス_三輪組合長.jpgJAアルプス 三輪聡組合長

三輪組合長は直面する課題として、組合員の高齢化に伴う担い手不足を挙げた。「管内3地区のうち2地区は集落営農組織が対応し、1地区ではJAの子会社で耕地を請け負っていますが、条件のよくない農地が多く効率がよくありません。全体的に組織のあり方について方向性を考えなければいけないと考えています」と語る。

北アルプスからの清流など環境に恵まれた米の単作地帯として知られる同JA管内。三輪組合長は、まず農家所得向上に向けて米の品質向上に取り組みたいと話す。「一等米比率の向上を目標に掲げたい。昨年は90%を割ったので今年は94%を目指しています」と強調する。そのため土づくりや水管理、適期収穫など営農情報を小まめにメルマガなどで生産者に小まめに発信している。

さらに園芸作物の拡大にも意欲を示す。「水田フル活用で大麦や大豆づくりをお願いしているが、消費者の望む園芸作物を作ってほしいと農家には話しています」。昨年オープンした農産物直売所「JAアルプス味覚の郷」の来客数や売り上げは順調に伸びているといい、「ラ・フランスやトマトジュースづくりなどにも取り組んでいます。生産者と消費者との懸け橋となって地域の発展に努めたいと思います」と抱負を述べた。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る