金融・共済 ニュース詳細

2014.09.24 
共済・保険の可能性でAOA30周年記念セミナー一覧へ

JA共済連がスリランカの会員団体と共催

 JA共済連は、国際協同組合保険連合(ICMIF)アジア・オセアニア協会(AOA)の会長(勝瑞保JA共済連理事長)および事務局(事務局長:相良秀生同総務部国際グループ課長)業務を担っているが、8月25日〜27日にAOA30周年記念セミナーをスリランカのAOA会員団体と共催で、コロンボで開催した。

セミナーでは各団体から事例や報告が発表された。 AOAは設立時は8カ国12団体だったが、創立30周年を迎えた現在は、13カ国43団体に拡大している。
 AOAの設立目的である協同組合運動の発展を支援する活動の一環として、有益であるテーマを設定して、会員団体の成功事例や課題などの発表や外部講師による講演で会員の知見を広め、協同組合活動・事業活動の発展に貢献することを目的にセミナーやフォーラムなどを開催している。
 今回は設立30周年を記念したセミナーとして、スリランカ共和国のコロンボ市で開催された。
 今回のテーマは「共済・保険の可能性――よりよい生活をめざして」で、8カ国30団体、82名が参加した。日本からは、JA共済連のほか、全労済、コープ共済連、日本共済協会、アジア農業協同組合振興機関が参加した。
 セミナーでは、8月25日の初日は現地の会員団体を視察。2日目はスリランカのサラ・アムヌガマ財務計画省副大臣が基調講演し、その後、アジア太平洋地域における共済・保険市場の発展について、低所得者層の生活水準の向上に協同組合のマイクロインシュランスはどのように貢献できるのか?、アジアの協同組合―日本の農協との比較、自然災害発生時のリスク軽減としての共済・保険などについて報告され討議された。

(写真)
セミナーでは各団体から事例や報告が発表された。

(関連記事)

その時 歴史が動いた」で見る相互扶助(2014.09.24)

共済・保険の可能性でAOA30周年記念セミナー(2014.09.24)

市場原理主義派が描く地獄絵(2014.09.22)

【コラム・ここがカンジん】自己改革の視点 真の自主・自立JAへ(2014.09.11)

政府の農協改革案の破壊力(2014.09.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ