金融・共済 ニュース詳細

2014.10.29 
自然との協働による地域づくり 共済総研が冊子一覧へ

 JA共済総研はこのほど、公開研究で行ったセミナーの内容を冊子(写真)にまとめた。「自然と人間の協働による永続的な地域社会づくり」のテーマで行ったセミナーで、報告内容のほか、明治大学野生科学研究所の中沢新一特任教授があとがきを加えた。

自然と人間の協働による永続的な地域社会づくり 報告内容は「中山間地域医療期間を拠点とした地域コミュニティ再生構想」(愛知県厚生連足助病院・早川富博院長)、「地域と共にJA愛知東が目指す相互扶助の土壌づくり」(愛知県JA愛知東・河合勝正組合長)、「再生可能エネルギーの導入と地域活性化」(東京農業大学農山村支援センター・渋澤寿一副代表)。
 パネルディスカッションで助言した中沢特任教授はあとがきで、現代の世界が、極端な格差の拡大による資本と労働の対立が激しくなっており、これに自然を加え、新しい形の妥協の形態をつくり必要があると指摘。そこに「組合」の意義を見出す。
 冊子はこの視点から、愛知県東三河地方で医療や協同活動を通じて、相互扶助のコミュニティづくりを目指す足助病院と、JA愛知東の取り組みをみることができる。
 内容は同研究所のホームページに掲載されている。冊子への問い合わせはJA共済総合研究所(電)03‐3262‐9684(代表)。


(関連記事)

【人事速報】JA共済総研 塚谷治次氏が新専務(2014.08.19)

スウェーデンの農業ケアを詳述 JA共済総研(2014.04.11)

永続的な地域社会、どうつくるか JA共済総研(2014.03.14)

自然と人間の協働による永続的な地域社会づくり JA共済総研がセミナー(2014.02.19)

江戸時代農村の共済起源など報告 JA共済総研(2013.10.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ