金融・共済 ニュース詳細

2015.06.05 
【決算】総資産額5491億円 JA全国共済会一覧へ

 JA職員などの退職金原資の積立て事業を行っている(一財)全国農林漁業団体共済会(JA全国共済会)は6月4日の理事会で26年度決算を承認した。

 総資産額は前年度より16億円増えて5491億円で過去最高となった。これは全JAの退職給付債務額の約47%に相当する。 「制度」(役職員の退職金原資を非課税で積立て)と「施設」(個人の財産形成などを目的とした積立て)の100%加入実現県は1県増えて28都府県となった。
 掛金収入は352億円(前年度341億円)、年金受入は41億円(同31億円)、退職給付金支給額は415億円(同377億円)となった。退職者は1万109人と前年の9090人より増えたことから支給額も増えた。新規加入者数は7444人だった。
 加入口数が伸びたことや国債の償還にともなう利息収入で資産が増えた。 事業基盤強化準備金(運用資産の減価および金利リスク等発生時の給付保証にそなえての積立金)は必要額5億円を積み立て期末残高300億円とした。
 給付還元安定財源は145億円で前年度を6億円上回った。
 27年度の給付還元利率は「制度」が0.95%(前年度比▲0.05%)、「施設」が0.85%(同▲0.10%)。
 第3次中期経営3か年計画では「制度」で新たな契約160万口、JAにとって最適な加入口数を計算・提示する総合JA管理設計利用目標85%実現に取り組む。

 

(関連記事)

平成27年度の給付還元率を決定 JA全国共済会 (2015.03.06)

【決算】総資産額、過去最高に JA全国共済会(2014.06.06)

26年度還元利率「制度」1% 全国共済会(2014.03.07)

総資産額は過去最高 JA全国共済会(2013.11.12)

総資産額過去最高の5469億円 JA全国共済会(2013.07.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ