金融・共済 ニュース詳細

2018.10.23 
食品企業の農業参入が増加 黒字化は4割下回る一覧へ

 日本政策金融公庫農林事業部は10月23日、平成30年7月に調査した、食品関係企業の農業参入に関わる取り組み状況を発表した。

 それによると、農業参入は前回の平成22年調査よりも増えており、目的は原材料の安定的な確保が最も多い。
 回答のあった2498社分をまとめた。それによると農業参入について、「既に参入している」企業は12.7%(前回調査比3.3ポイント増)と、増加している。しかし、「検討または計画している」「関心はあるが検討していない」の回答が減っていることから、食品産業の農業参入が進んだ一方で、新たに参入に関心を持つ企業は増えていないことがうかがえる。
 参入の目的では、「原材料の安定的な確保」が最も多く、次いで「本業商品の付加価値化・差別化」「地域貢献」の順だった。
 また、「既に参加している」企業の農業部門が黒字化するまでに要した期間は5年以内が37.9と、4割を下回った。アンケートからは「作付けから収穫までに年一回転であり技術の取得に時間を要した」「本業の安定的稼働が目的であり、農業部門だけでの採算は意識していない」などの声もあった。
 農業参入の際の最重要課題では63.2%が「人材の確保」を挙げており、これは前回調査に比べ27.0ポイントの増。次いで「採算性の判断」「農地・事業地の確保」「技術習得」と続く。さらに「資金調達」が22.8%(前回調査からマイナス15.0ポイント限)に減少したことも特徴として挙げられる。

 

(関連記事)
【対談】自給率向上の具体策を 農業あっての地域・国家(2)【山田俊男参議院議員・菅野孝志JAふくしま未来代表理事組合長】(18.10.19)
東京と大阪で農業参入フェア 農水省(18.10.11)
飲食業界の人材事業に参入 アグリメディア(18.10.04)
政府の農協改革は違和感も 自民議連で生源寺教授(18.04.25)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ