左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

リスク管理債権0.2ポイント減の1.0%-農協系統金融機関2019年9月25日

一覧へ

 農林水産省は9月20日、平成30事業年度末の農協系統金融機関のリスク管理債権比率などを公表した。

 30事業年度末の貸出金総額は47兆9760億円で、このうちリスク管理債権は4620億円と対前年比で350億円減少した。リスク管理債権比率は0.2ポイント減の1.0%となった。
 系統金融機関別のリスク管理債権は、農協が3580億円(リスク管理債権比率1.6%)、信連が640億円(同0.8%)、農林中金が400億円(同0.2%)となっている。
 リスク債権比率は全国銀行で1.1%、信金・信組が3.7%となっており、農協系統金融機関のほうが低くなっている。19事業年度末には3.4%だったが、25事業年度末には1.9%まで減少、その後も毎年減少している。
 リスク管理債権とは、貸出金のうち元本または利息の遅延が継続しているなど、一定の条件に該当するもので農協法、農林中央金庫法に基づき開示が義務づけられている。
 また、金融再生法開示債権の額は4670億円だった。前年度比340億円減少。比率は0.2ポイントの減の1.0%となった。金融再生法開示債権とは、貸出金や貸出金に準じる債権のうち、経営破たんに陥っている債務者に対するもの等、一定の条件に該当するもの。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る