金融・共済 ニュース詳細

2019.11.25 
中間純損益は前年同期比で22億円減 共栄火災中間期決算一覧へ

 共栄火災海上保険(株)は、2020年3月期第2四半期(中間期)決算(非連結)について公表した。

 2020年3月期第2四半期(中間期)の業績(2019年4月1日〜9月30日)を見ると、正味収入保険料は、再保険料の値上げの影響などにより支払再保険料が増加したものの、対前年同期比25億円増収の834億円となった。

 一方、正味支払保険料(含む損害調査費)は、自然災害による支払の減少などにより、対前年同期比68億円減少の456億円となった。
 この結果、正味収入保険料から正味支払保険料、正味事業費を除いた収支算は、対前年同期比で85億円増加し、75億円となった。
 保険引受損益は、2019年9月発生の台風15号などの影響による支払準備金の増加や、前年度の自然災害に伴う異常危険準備金取り崩しの反動などから、保険引受損益は5億円の赤字となった。
 資産運用損益は、有価証券売却損益の減少や有価証券評価損の増加などから、対前年同期比で14億円減少の22億円となった。これらの結果から、経常損益に特別損益および法人税・住民税などを加減した中間純損益は12億円(対前年同期比▲22億円)となった。
 また、ソルベンシー・マージン比率は、異常危険準備金や土地の含み損益の増加、自然災害の大型化に備えて再保険カバーを買い増したことなどによる巨大災害リスクの減少などから、1120.4%(対前年度末比190.6ポイント増加)となった。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ