金融・共済 ニュース詳細

2019.12.06 
ファーマインド社と資本提携-農中など出資のGJFF一覧へ

 農林中央金庫は12月5日、みずほ銀行などと出資しているGJFF(Gulf Japan Food Fund)が全国規模でコールドチェーンを展開する青果の総合流通企業である(株)ファーマインドと資本業務提携することで合意したと発表した。

 GJFFは中東地域に向け食品や農水産物と関連技術などの輸出拡大を金融面から支援することを目的に投資活動をするプライベート・エクイティ・ファンドで2016年に設立された。

 ファーマインドは1991年創業で全国14拠点の青果センターを中心に日本全土をカバーするコールドチェーン、独自に開発した青果専用のITシステムなどを持ち、輸入から多数の国産青果物まで幅広く取り扱っている。
 今回の資本提携はGJFFに投資助言を行うMGCP(Mizuho Gulf Partners Ltd)とともに行うものでファーマインドが第三者割当によって発行する転換社債型予約権付社債25億円を引き受け経営に参画する。12月19日の同社臨時株主総会で承認する。
 今回の資本提携を通じてコールドチェーンをはじめとした高度なサプライチェーン技術の中東地域など海外へ展開するとともに、日本産の高品質な農産品の輸出促進などをめざす。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ