金融・共済 ニュース詳細

2020.02.12 
6次産業化事業体への出資を同意決定 AーFIVE一覧へ

 (株)農林漁業成長産業化支援機構(AーFIVE)は、法律に基づく官民連携のファンドとして、6次産業化事業体(※1)の支援に取り組んでいる。
 AーFIVEは2月10日、サブファンドによる6次産業化事業体への出資に関して、「Farm plus(株)」、「(株)丹波農商」への出資に対する同意決定をしたと発表した。
 これにより、AーFIVEが同意決定した6次産業化事業体は、今回決定した2件を含め合計で132件となった。

 2月に出資決定した「6次産業化事業体」は次のとおり。

【事業体の名称】
Farm plus(株)
▽所在地 千葉県旭市

◆サブファンド(※2)・A−FIVE
▽名称 ちば農林漁業6次産業化投資事業有限責任組合
▽出資決定金額(※3)
 5000万円

◆事業内容
 千葉県・茨城県で養豚場を経営する養豚業者が地域の養豚業の継続発展を目的に、地域で生産される豚肉を活用して、食肉加工品を製造・販売することで、付加価値向上を目指す事業。

◆政策的意義
○農畜産物の付加価値向上
○地域の活性化
○連携による販路拡大


【事業体の名称】
(株)丹波農商
▽所在地 兵庫県丹波市

◆サブファンド(※2)・A−FIVE
▽名称 きょうと農林漁業成長支援ファンド投資事業有限責任組合
▽出資決定金額(※3)
 1000万円

◆事業内容
 兵庫県丹波市の農業者が、地元ブランド牛(但馬牛)の需要の高まりに対応するために、繁殖・肥育事業に参入することにより安定供給を図り、また、自ら生産した農産物の加工を行うことにより、地域農畜産物の付加価値向上を目指す事業。

◆政策的意義
○農畜産物の付加価値向上
○地域の活性化
○地域の雇用拡大

(※1)「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」第5条1項の規定に基づく「総合化事業計画」の認定を受けた事業体。
(※2)「株式会社農林漁業成長産業化支援機構法」に基づき、機構が地域金融機関等と組成。機構が50%を出資。
(※3)出資決定額は小数点第2位以下は切り捨て。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ