金融・共済 ニュース詳細

2020.03.16 
農作物卸・中間事業者向け支援サービス・保険を共同開発 SOMPO、日本ユニシスなど一覧へ

 SOMPOホールディングスと損害保険ジャパン日本興亜、SOMPOリスクマネジメント、 日本ユニシスの4社は、フードチェーン上で農作物を仲介する卸・中間事業者向けの「安定調達・安定出荷」支援サービスおよび保険の開発に連携して取り組むことに合意した。

農作物卸・中間事業者向け支援サービス・保険農作物卸・中間事業者向け支援サービス・保険の開発

 
 4社は、これまで未整備だった生産サイドと需要サイドの情報統合・連携を行い、中間事業者の安定調達・安定出荷を支援するサービスおよび保険の開発に取り組む。

 各社がこれまで蓄積してきた気象リスクに対する保険引受けやリスクマネジメントサービス、フードチェーン分野におけるデータシステム連携、行政や民間企業が保有する各種データを活用したAIによる需要予測などの知見を融合して開発する。

 損保ジャパン日本興亜とSOMPOリスク、日本ユニシスは、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構が研究代表である、国立研究開発法人情報通信研究機構の委託研究(NICT委託研究)に参画しており、今後、中国四国地域を中心に、同サービスの共同開発に向けた実証実験を実施予定。

 4社は、NICT委託研究と並行して、他地域の中間事業者とも実証実験を行い、同サービスの社会実装に向けた取り組みを加速。中間事業者への「安定調達・安定出荷」支援サービスの提供により、フードチェーン全体の安定化・最適化と、日本の農業・食品産業の発展に寄与することをめざす。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ