左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

当期純損益21億5900万円 共栄火災2019年度決算2020年5月28日

一覧へ

共栄火災海上保険は5月22日、2020年3月期決算(2019年度決算)を発表した。

共栄火災 

2019年度決算で賞味収入保険料は、火災保険を中心とした元受正味保険料の増収により、対前年同期比48億円増の1666億円となった。一方、損害調査費を含む正味支払保険料は、自然災害の支払いの減少などにより、同92億円減の1014億円となった。

この結果、正味収入保険料から正味支払保険金、正味事業費を除いた収支残は、同119億円増の29億円となった。

保険引受損益は、値上げの影響や自然災害の再保険回収に伴う追加の再保険料など支払再保険料の増加により5億円の赤字となった。また、資産運用損益は、有価証券売却損益の減少や有価証券評価額の増加などにより、対前年同期比で97億円減の51億円。

以上の結果、最終の当期純利益は、対前年同期比で3億円減益の21億5900万円となった。

なお、ソルベンジー・マージン比率は、有価証券含み益が減少したものの、自然災害の大型化に備えて再保険カバーを買い増したことなどによる巨大災害リスクの減少や資産運用リスクの減少等から1108.9%で、対前年度末比179.1%増加となった。この比率は200%以上であれば「保険金等の支払能力の充実の状況が適当である」と評価される。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る