生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

フィンテックベンチャーが農業分野での株式投資型CF開始 LTID2021年4月23日

一覧へ

世界中の農業の“デジタル農協化”をめざすフィンテックベンチャーの(株)ロングターム・インダストリアル・ディベロップメント(LTID)は4月27日、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で、投資申込みの受付を始める。

フィンテックベンチャーが農業分野での株式投資型CF開始 LTID

同社は、AIを用いて「農家への与信管理」や「作物の流通価格、数量予測」を行い、それらのデータにより、「貸付(金融)」や「フードバリューチェーン構築」などのサービスをデジタル上で提供。クラウドファンディングでは、このほど開発した機能のスマートフォンアプリへの実装などのIT開発と、すでに開拓済みの農家に対する契約までのマーケティングをめざし、募集案内の事前開示を始めた。今回の資金調達により資本力の充実を図り、事業の成長に繋げる。募集期間は4月27日~4月29日。上限とする募集額は 3006万円(1口9万、1人5口まで)。

同事業は、農林水産省からの補助金採択とJICAとの共同事業化を受けてフィリピンで実証実験に取り組んでいる。現地での実務は農業に強い国立大学であるベンゲット大学の協力を得ており、コロナ禍においてもリモートで実証実験が継続されている。また、フィリピン政府からも好意的な反応を得ているという。

同社は、AIアルゴリズムの開発も自社で行い、ベンゲット大学や東京大学とも連携。特に生鮮野菜の価格予測アルゴリズムの構築に成功しており、同社は世界でも誇れる技術と自負している。今後は他の農作物への応用や、他国へも展開しビジネス範囲を広げる。また、配送途中の破損や小売店の売れ残りなどフードロス問題を解決し、売上拡大に努める。

取り組みの概要取り組みの概要

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る