2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

愛知信連の子会社「愛知信協」からのリース資産譲渡を完了 JA三井リース2021年12月2日

一覧へ

JA三井リースは、愛知県信用農業協同組合連合会の子会社で、リース事業を行う愛知信協が保有するリース資産の譲渡を完了した。

全国のJAで「持続可能な食料・農業基盤の確立」、「持続可能な地域・組織・事業基盤の確立」が課題となっている。JA三井リースは、農林中央金庫をはじめとするJAグループの資本背景を有する総合リース会社として、地域創生を実現するため、経営合理化や事業拡大に資するソリューションの提供に注力している。

この一環として、JA三井リースは、愛知信協が保有するJAと系統組織27団体を賃借人とするリース資産(機器リース全契約と車両リース契約の一部)を譲り受けた。リース資産の譲受を通じ、愛知信協とJA三井リースに分かれていた県下のJA・系統向けリース契約を集約することで利便性を高め、より総合的なソリューションを提供する体制が整うなど、スケールメリットを活用した取引が可能となる。

今後は、愛知信連の協力も得ながら、それぞれのJAや地域社会が抱える課題への認識を深め、より価値のあるビジネス提案を行い、実践することで、JAの経営基盤の強化と地域創生に貢献する。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る