米・麦・大豆 ニュース詳細

2013.05.27 
精米の輸出目標は1万t 農水省の輸出戦略一覧へ

 政府は農林水産物・食品の輸出を2020年までに1兆円とする目標を打ち出しているが、このうち米と米加工品で600億円を目標に掲げている。重点品目には米菓やパックご飯、さらに日本酒など挙げている。精米の輸出にも力を入れるが農林水産省によると1万t程度にとどまるという。

◆中国ではマージンが米価の6割

中国市場における日本産米小売価格内訳 米と日本酒などを含めた米加工品を合わせた輸出額は2012年で130億円。ただし、米の輸出は7億円程度。量は5年間で約2倍となったが2000tを超える程度にとどまっている。輸出先は香港とシンガポールで約7割のシェアを占めるが、期待の高い中国向けは過去最大でも100t程度だ。
 農水省によると中国市場での日本産米の店頭小売価格は1kgあたり1100円〜1300円。5kgで6000円を超えることになる。1300円の店頭価格のうち、輸出価格は約410円、これに関税などで約180円(14%)かかるが、店頭価格との差、約720円が流通マージンだと農水省は分析している。
 日本産米に対しては「高いけれどもうまい」との評価はあるものの、中国市場では品質差を上回る“高すぎる価格”で売られているのが実状で、しかも流通マージンが6割を占めており、これは生産コストを下げる努力では埋まらない。
 また、香港やシンガポールでは中国市場ほどの高価格ではないものの新潟産コシヒカリが1kg950円程度の販売価格で、さらに精米後、半年を経過しても店頭で販売されているものも見られたという。
 一方では中国をはじめアジア地域でも日本の米が生産されていることを考えれば、農水省は「許容できる価格差で販売できる国以外では、米粒の輸出が爆発的に伸びるとは考えにくい」と結論づけた。そのため、精米の輸出は増えたとしても1万tだという。

外国市場における日本産米の店頭小売価格

◆パックご飯や米菓に力

 一方、世界のスナック菓子の市場規模は9兆円で、このうち米菓市場は4000億円だという。また、日本酒は海外の店頭価格が現地生産の日本酒よりも5〜10倍高いものの、価格差に見合った品質の差があると理解されているという。
 こうしたことから、今回の米の輸出戦略では精米そのものの輸出だけではなく、パックご飯、米菓、日本酒など加工品にも力を入れる。
 そのため生産対策としては、現在の輸出用米を引き続き生産調整の枠外と位置づけるとともに、販売面では精米機とセットで輸出し現地精米で販売するスキームや、炊飯ロボットを外食産業に合わせて売り込むなど、「真においしい日本産米のプレゼンスを高める」取り組みに力を入れる。 また、パックご飯の輸出では、香港に玄米を輸出し、香港で精米・加工し中国へ輸出することも検討している。経済緊密化協定で30%以上付加価値をつけたものについては関税がゼロとなるからだ。かりに日本から直接、中国にパックご飯を輸出すると関税率は30%となる。こうした制度的メリットも活用しながら、相手国のニーズに合った商品開発を進めることが基本となる。 また、米菓も同様に相手国のニーズが重要になる。手軽なスナック菓子としてのプロモーションを強化すると同時に、台湾、香港、米国などを重点国に、UAE、サウジアラビア、EUなどを新規需要開拓国として位置づけるなど、食文化にとらわれず幅広く輸出対象地域を設定する方針だ。米菓の輸出額は約30億円(平成24年)となっている。

◆農業強化につながるか

各国を代表する酒の輸出額 日本酒の輸出額は約90億円(平成24年)。輸出先は香港と米国で全体の5割を占める。これに対してフランスのワイン輸出額は7700億円、英国のスコッチは5200億円だ。
 世界のワイン消費量は約2400万klで、EU、米国のほか中国の消費量も上昇傾向にあり、農水省は世界の酒市場規模を考えれば日本酒の輸出拡大の余地は大きいとみる。
 重点国は米国、香港、ブラジル、インド、EUなど。発信力の高い都市でのイベントやセミナーなどを通じて日本酒の良さをアピールしていく。ただ、国内の生産量が緩やかではあるものの減少傾向にあることから、米生産者と酒造業者の結びつきをより強化して、原料米の数量や価格の安定確保も課題としている。
 輸出戦略では青果や牛肉などでもそれぞれ戦略を打ち出している。いずれにしても国内農業の強化につながるかどうかが課題となる。


(関連記事)

農林水産物の輸出1兆円めざす 農水省(2013.05.20)

牛肉輸出の倍増をめざす JA全農(2013.05.10)

「日本には有利な条件がある」 アジアへの輸出(2013.03.21)

3割弱が農産物輸出に意欲  日本政策金融公庫(2012.12.26)

2017年に1兆円めざす  農水省が農林水産物・食品の輸出戦略で検討会(2011.10.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ