Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農林水産物の輸出1兆円めざす 農水省2013年5月20日

一覧へ

 農水省は5月17日、農林水産物・食品の輸出促進にむけた具体的戦略(案)を明らかにした。それによると2020年までに輸出総額を現在の輸出額は、ピーク時の4500億円を1兆円に拡大する方針だ。国別・品目別に目標を設定し、それぞれ達成に向けた対応方策を示した。

nous1305200802.JPG

 品目別では最も多い水産物が2012年の1700億円から3500億円に倍増。加工食品が1300億円から5000億円、米と米の加工品が130億円から600億円、青果物80億円から250億円、牛肉が50億円から250億円へ、それぞれ大幅な拡大を見込む。このほか花き、茶も、それぞれ目標を定めた。
 振興方策では、米の場合、香港、シンガポールなどへ、炊飯ロボットと合せた外食への販売など、具体的に挙げている。
 これまで国の輸出政策は、産地への商談の提供など産地への取り組み支援が中心だったが、今後は関係機関・組織が一体となって取り組む。05年には関係団体、省庁で農林水産物等輸出促進全国協議会を組織し、これまで輸出振興に取り組んできた。
 農水省は、5月22日の関東ブロックを皮切に、全国9ブロックで国別・品目別輸出戦略に関する協議会を開き、現場の関係者と意見交換する。


(関連記事)

牛肉輸出の倍増をめざす JA全農(2013.05.10)

「日本には有利な条件がある」 アジアへの輸出(2013.03.21)

3割弱が農産物輸出に意欲  日本政策金融公庫(2012.12.26)

2017年に1兆円めざす  農水省が農林水産物・食品の輸出戦略で検討会(2011.10.12)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る