Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「日本には有利な条件がある」 アジアへの輸出2013年3月21日

一覧へ

 農林中央金庫は3月19日、東京・大手町のJAビルで「食のアジア販路開拓セミナー」を開催。農業や食品の関連団体・企業などの関係者70人ほどが参加した。

 JAグループは昨秋の第26回JA全国大会で、「国際見本市や博覧会等への参画等による輸出事業の拡大」を掲げ、グループ全体で国産農畜産物の輸出に積極的に取り組むことを決めた。
水谷伸司エコ・フードビジネス推進室長 農林中金では「今セミナーは、輸出支援に向けた取り組みの一つ。今後もJETROなどとも連携を取りながら、さまざまなサポートを図っていきたい」(農林水産環境統括部エコ・フードビジネス推進室長・水谷伸司氏)としている。
 今セミナーでは、生産者や系統団体が特に高い関心をもっているアジアをテーマにした。三菱UFJリサーチ&コンサルティングの川上龍雄国際営業部長が巨大市場である中国、インドへの食品輸出の現状について報告したほか、香港、シンガポールのバイヤーが現地の状況を紹介した。

(写真)
水谷伸司エコ・フードビジネス推進室長

◆2020年にアジアの富裕層は日本の3.5倍に

アジアの食品市場の現状を紹介する川上氏 川上氏は年間可処分所得3万5000ドル以上の、いわゆる「富裕層」は、2015年には日本人約1億人に対して、日本を除くアジア全体で約2億人に達し、20年には3億5000万人にまで増大するという試算を出し、「アジアは新たな消費市場として急速に成長している」現状を紹介。
 「すでに欧米大企業や華僑はアジアの食品市場の獲得に乗り出しているが、距離が遠い、商品力が乏しい」などの課題がある。これに対し日本は、「距離が近く、資本力があり、商品力もある」など、有利な競争条件を揃えていると強調した。
 しかし、一番の課題は「価格の高さ」だという。これを克服し、現地の人に購入してもらうためには、「健康にいい、安全など、具体的な価格差の理由をしっかり説明する」ことが必要だが、「日本人はたいてい、こうした説明があまり上手くない」という。
 中国とインドの消費市場の特徴については、中国は「中国向けに作ったものよりも、日本人向けに作ったものの方がニーズが高い。価値をきちんと説明すれば、高くても買ってくれる」、インドは「ベジタリアンが多いので精進料理の食材などに関心が高い。また、カレーは油を大量に使うため肥満が多く、健康食品に対するポテンシャルは相当高いだろう」などと分析した。
 このほか、香港のバイヤーは韓国製品の輸出が進んでいることを紹介し「商標登録を早めにするなど、日本ブランドを守ることが必要」、シンガポールのバイヤーは「シンガポールを経由してアジアの各文化圏に展開するような中長期の戦略を」などとそれぞれ提言した。

(写真)
アジアの食品市場の現状を紹介する川上氏


(関連記事)
岩手県漁協にダンボールケース贈呈 農林中金(2013.03.18)

3割弱が農産物輸出に意欲  日本政策金融公庫(2012.12.26)

「次代につなぐ協同」を決議  第26回JA全国大会(2012.10.16)

アジア50億人市場の開拓を 輸出支援のセミナー開催  農林中央金庫(2012.01.19)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る