米・麦・大豆 ニュース詳細

2013.08.02 
10年後の主要穀物2強20%増 ブラジル農務省が予測一覧へ

 ブラジル農務省はこのほど、2022/23年度(7月〜翌年6月)までの主要農畜産物の生産予測を公表した。トウモロコシ、大豆、食肉、砂糖を中心に生産量の大幅な増加を見込んでいる。

 2022/23年度の飼料穀物生産量は、トウモロコシが12/13年度に比べ20%増の9362万t、大豆は21.8%増の2058万tを見込む。また食肉は、鶏肉が46.4%増の2058万t、牛肉は同22.5%増の1094万t、豚肉は同20.6%増の429万tと予測している。さらに砂糖は同22.5%増の4451万tと大幅な増加を見込んでいる。
 いずれも作付面積の増加見込みによるものだが、トウモロコシは過去10年の作付面積の増加率(15.3%)を約9ポイント下回る見込みだが、近年の品種改良などによる生産性向上が期待できるとしている。


(関連記事)
砂糖の国産供給量増 農水省が需給見通し(2013.06.25)

4月の大豆落札価格、前月より255円上昇(2013.05.07)

ブラジルでBSE発生(2012.12.10)

中国、トウモロコシの輸入先多元化を検討―国内生産量は史上最高(2012.11.29)

【穀物高騰】 トウモロコシ価格、史上最高値を更新(2012.09.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ