左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

10年後の主要穀物2強20%増 ブラジル農務省が予測2013年8月2日

一覧へ

 ブラジル農務省はこのほど、2022/23年度(7月?翌年6月)までの主要農畜産物の生産予測を公表した。トウモロコシ、大豆、食肉、砂糖を中心に生産量の大幅な増加を見込んでいる。

 2022/23年度の飼料穀物生産量は、トウモロコシが12/13年度に比べ20%増の9362万t、大豆は21.8%増の2058万tを見込む。また食肉は、鶏肉が46.4%増の2058万t、牛肉は同22.5%増の1094万t、豚肉は同20.6%増の429万tと予測している。さらに砂糖は同22.5%増の4451万tと大幅な増加を見込んでいる。
 いずれも作付面積の増加見込みによるものだが、トウモロコシは過去10年の作付面積の増加率(15.3%)を約9ポイント下回る見込みだが、近年の品種改良などによる生産性向上が期待できるとしている。


(関連記事)
砂糖の国産供給量増 農水省が需給見通し(2013.06.25)

4月の大豆落札価格、前月より255円上昇(2013.05.07)

ブラジルでBSE発生(2012.12.10)

中国、トウモロコシの輸入先多元化を検討―国内生産量は史上最高(2012.11.29)

【穀物高騰】 トウモロコシ価格、史上最高値を更新(2012.09.10)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る