米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.10.10 
小麦作付面積1%増 他作物からの転換増える一覧へ

 農水省は9月30日、平成26年産麦類(子実用)の作付面積、収穫量の調査結果を発表した。

 全国の4麦(小麦、二条大麦、六条大麦、はだか麦)の作付面積は27万2700haで、前年に比べて3200ha(1%)増で、3年ぶりに前年を上回った。
 地域別では北海道が12万5200haで同1400ha(1%)増と2年連続で前年比増、都府県が14万7500haで同1800ha(1%)増と3年ぶりに前年比増となった。北海道、東海、九州で他作物からの転換が多かった。
 品種別では小麦が21万2600haで同2400ha(1%)増だった。
 収穫量が発表されたのは都府県のみで、4麦の合計で46万3000tで、同5400t(1%)増えている。二条大麦、六条大麦は収穫期の降雨などの影響で、いずれも前年に比べて1割近く減ったが、小麦が作付面積が増えた影響などで29万9400tと同1万9600t(7%)増えた。
 北海道を含めた全国のの収穫量は11月下旬に公表される予定。

stat1410100601.jpg


(関連記事)

【JA全農がめざすもの】第4回米穀事業 業務用需要と安定契約 農家の経営発展めざす(2014.10.07)

米の直接支払い 申請件数4万件減(2014.10.01)

【農業改革、その狙いと背景】米輸出に「日本農業の希望」はない 大泉一貫氏の「稲作偏重農政」への反論  村田武・九州大学名誉教授、愛媛大学客員教授(2014.09.02)

輸入小麦売り渡し価格 わずかに引き下げ(2014.08.29)

小麦の遺伝子解読に成功 生物研など(2014.07.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ