米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.10.31 
多収の直播向き水稲「ちほみのり」一覧へ

 農研機構は、早生で多収・良質・良食味の水稲新品種「ちほみのり」を開発した。

 「ちほみのり」は、育成地における標準的な肥料施用量による栽培で、「あきたこまち」より約1割多い693kg/10aと多収だった。
 また、倒れにくいため直播栽培に適しており、「あきたこまち」と同等の良食味だという。
 現在、秋田県の一部産地で500haの作付けが計画されており、今後、低価格で質の良いコメとして普及されることを、農研機構では期待している。
 品種の問い合わせは、農研機構東北農業研究センター水田作研究領域(TEL:0187-66-2773)まで。

図1 栽培方法ごとの倒伏程度と玄米収量

 


(関連記事)

稲発酵粗飼料の新品種「べこげんき」を開発 農研機構(2014.10.30)

倒れにくく、いもち病に強いモチ新品種「ときめきもち」を育成(2014.10.28)

西日本向き低アミロース米開発「ぴかまる」(2014.04.10)

米菓用の新品種「ゆきみのり」育成 農研機構(2013.11.14)

光で害虫防除 農研機構が手引書公開(2014.09.11)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ