米・麦・大豆 ニュース詳細

2016.03.25 
国産飼料用米 120万t受け入れ可能-4団体呼びかけ一覧へ

 稲作生産者に向けて飼料関係団体が3月23日、飼料用米生産の拡大に向けたメッセージを発信した。

 国産飼料用米は26年産の18万tから27年産で42万tまで拡大した。
 メッセージを発信したのは協同組合日本飼料工業会、くみあい飼料工場会、全国酪農業協同組合連合会、日本養鶏農業協同組合連合会の4団体。
 メッセージでは国産飼料米が28年産でさらに生産拡大することを見越して、一部の飼料工場で設備投資を行うなど、4団体で120万t程度まで受け入れ可能になったと表明している。
 そのうえで「メーカーにおいても十分に利用できる体制にあること、また、食料自給率を高める飼料原料として大きな期待があることを理解いただき、28年産でも安心して国産飼料用米の生産に取り組んでいただくようお願いします」と呼びかけている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ