左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「世界最高米」を今年も発売 東洋ライス2018年7月27日

一覧へ

 東洋ライス(株)は、2018年「世界最高米」の販売を開始する。

 3周年目の今年の販売数量は800セット(国内700セット、海外100セット)で、販売価格は例年通り140g(1合分)×6袋入りを1万800円(消費税・送料込み)を予定している。
 国内は東洋ライス公式通信販売(http://www.toyorice.jp)で7月24日から発売しているが、8月初旬には大手有名百貨店で会員向け販売を行う。海外では10月にシンガポールの高所得者層向け通信販売で発売する。また香港でも通信販売での要望があり、現在、商談を進めているという。
 東洋ライスでは、3周年を記念して8月上旬に33名に「世界最高米」が当たる「世界最高の一杯を!世界最高米を当てようキャンペーン」をホームページで実施することにしている。
 今年の世界最高米の原料玄米は、昨年12月に山形県真室川町で開催された「第19回米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(米・食味鑑定士協会主催)で金賞を受賞した玄米のなかから、東洋ライスが独自の基準によって選んだ6品を認定し、一般価格の約8倍となる1㎏1900円で買い受けた米だ。

 

(関連記事)
史上初、たんぱく質を減らした「玄米ごはん」開発 東洋ライス(18.07.19)
「金芽ロウカット玄米」の食味が健康改善に効果 東洋ライス(18.06.29)
売上高は5.1%増の86億1600万円に 東洋ライス(18.06.01)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る