米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.11.26 
小麦収穫量 15%減少-30年産全国統計一覧へ

 平成30年産の4麦(小麦、二条大麦、六条大麦、はだか麦)の収穫量は94万1300tで前年産にくらべて15万700t、14%減少した。

 このうち小麦の収穫量は76万8100tで前年産にくらて13万8600t、15%減少した。10aあたり収穫量は362kgで前年産にくらべて15%下回った。10aあたり平均収量対比では91%となった。
 減収の要因は北海道の秋まき小麦が6月中旬から7月中旬にかけての低温、日照不足の影響で登熟不良となったこと。
 二条大麦は12万800tで前年産にくらべ1100t、1%増加した。10aあたり平均収量対比では105%となった。
 六条大麦は3万8700tで前年産にくらべて1万3700、26%減少した。10aあたり収量は224kgで前年産にくらべて23%下回った。10aあたり平均収量対比では79%となった。減収の要因は作付面積が前年産にくらべ減少したことに加え、北陸地域の大雪の影響で融雪時期が遅れたことなどで穂数が少なくなったため。
 はだか麦は1万3700tで前年産にくらべ1000t、8%増加した。これは作付面積が前年産にくらべて9%増加したため。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ