左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2月11日は「初午いなり」の日 日本惣菜協会2018年12月14日

一覧へ

 (一社)日本惣菜協会の事業調査委員会は、2013 年から日本の食文化の伝承と周知を目的に「初午の日」と伝統食「いなり寿司」、「油あげ」を使った料理の普及を推進している。

2月11日は「初午いなり」の日 日本惣菜協会 稲荷社の本社である伏見稲荷神社の祭神・宇迦御霊神(ウカノミタマ)が伊奈利山へ降りた日が和銅4年2月11日だったとされ、この日が初午であったことから、初午に全国で稲荷社を祀ることが風習になった。また、「いなり=稲が成る」と古来より五穀豊穣を祈願し、稲荷神の使いである狐を祀るため、油揚げやいなり寿司がお供えされてきた。
 こうした風習を広めようと、(一社)日本惣菜協会は惣菜業界全体で普及促進の販売イベント実施を呼び掛けている。
 同協会は販促ツールとして、店内掲示用のポスターや商品シールを用意している。賛同する小売店は、FAXで申し込みを。送信用の申込用紙と詳細については「初午いなり」販売イベント開催 ご協力のお願い から。

 

 

(関連記事)
冷凍串揚げ、業務用食品市場で好調 富士経済調べ(18.12.06)
惣菜管理士養成研修を開講 日本惣菜協会(18.10.03)
実需に基づき園芸産地づくり【酒井 肇・JA全農園芸部次長】(18.06.04)
惣菜市場10兆円規模に 「2018年惣菜白書」(18.05.25)
初午の日は 「いなり寿司」 (一社)日本惣菜協会(15.12.17)
独居老人、夕食は1人(15.10.16)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る