左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

冷凍串揚げ、業務用食品市場で好調 富士経済調べ2018年12月6日

一覧へ

 総合マーケティングビジネスの(株)富士経済が12月4日に発表した調査によると、深刻化する人手不足から半調理品や完成品の活用が進んでいて、業務用のニーズが高まっていることが分かった。

 調査では、乳油製品(7品目)、デザート(6品目)、冷凍食品(30品目)、ごはんやめんなどのステープル(10品目)、その他食品(8品目)の5つのカテゴリー・61品目について調査が行われた。

注目業務用食品市場 冷凍串揚げ(グラフ)注目業務用食品市場・冷凍串揚げの売り上げ

 

 注目は、「冷凍串揚げ」。首都圏を中心とする東日本で串カツ・串揚げの認知度が上がり、量販店惣菜で需要が増加。市場は拡大した。今後も家庭や串カツ・串揚げ専門店などでの需要増加が予想されることから、2018年の売り上げは約71億円が見込まれている。
 また、去年より104.1%増の伸びを示したのが「冷凍餃子」で、今年は101億円の売り上げを見込んでいる。ラーメン店で根強い需要がある競合の「チルド餃子(当該市場対象外)」から需要を獲得できれば、さらに勢いがつきそうだ。
 デザートでは「ソフトクリーム・シェイクミックス」も需要が伸びた。昨年比で102.5%、288億円と観光地でのインバウンド需要の増加や原材料にこだわった大人向けの商品が伸びたことなどが要因となった。

 

(関連記事)
JA静岡経済連とパルシステム静岡が食材宅配事業で協業(18.08.22)
【JA全農米穀事業部】多様な集荷対応の強化 目標310万トン確保-29年産米生産・集荷・販売基本方針(17.03.22)
冷凍食品国内生産量減少、輸入量は微増 27年度冷凍食品の生産・消費(16.04.22)
【第10回】「冷凍食品とフリーズドライ食品」(15.12.25)
「加工食品に不安」8割 日本公庫が意識調査(14.09.25)
地域の旬の食材で物語を作る 堀 冨士夫・一般社団法人 日本惣菜協会会長(株式会社デリカスイト代表取締役)(14.05.12)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る