Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

1等比率 67.6%-9月30日現在2019年11月1日

一覧へ

 農林水産省は10月31日、令和元年産米の検査結果を発表した。

 9月30日現在で1等比率は67.6%となった。30年産米は同時期で78.9%、29年産米は80.8%となっている。13:00:00

 検査数量は165万tで30年産の最終検査数量の38.2%に相当する。
 2等以下に格付けされた理由は「形質」57.1%、「着色粒」20.1%、「整粒不足」16.6%となっている。
 1等比率が大きく低下しているのは、8月以降猛暑となり、とくに8月中旬の台風10号によるフェーン現象の影響で日本海側を中心に、高温障害による白未熟粒が多く発生している。
 県別の1等比率をみると、9月30日現在、新潟県33.1%、宮城県59.0%などとなっている。


【2019年産米】全国作況「99」-10月15日現在(19.10.31)
【2019年産米】全国作況101 北海道・東北「やや良」佐賀・沖縄「不良」 農水省(2019.10.01)
【 2019年産米の作柄・1】今年の作柄は「平年並み」 JAcom独自調査 220JAの担当者に聞く(19.9.20)

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る