米・麦・大豆 ニュース詳細

2019.10.01 
【2019年産米】全国作況101 北海道・東北「やや良」佐賀・沖縄「不良」 農水省一覧へ

 農林水産省は9月30日、9月15日現在の令和元年産水稲の作柄概況を公表した。全国の作況は平年並みの「101」。北海道「105」と東北「104」は「やや良」となる一方、九州「96」、四国「97」などで「やや不良」となった。なかでも沖縄「94」、佐賀「93」では「不良」となった。

2019年産米作況101

 水稲の作付面積(WCSなど青刈り面積含む)は158万4000haで前年産に比べて8000haの減少が見込まれる。ここから備蓄用、加工用、新規需要米などの作付け面積を除いた主食用米の作付け面積は137万9000haと前年実績から7000haの減少を見込んでいる。

 全国の10a当たり予想収量は、536kg(前年差+7kg)で、これに主食用作付け見込面積をかけると予想収穫量は736万9000t、前年産に比べ4万200t増加)と見込んでいる。
 農水省が示した今年度主食用米の需要量の見通しは726万tだったが、現段階では、10.9万t多い収穫量が見込まれる。
 農水省は9月15日現在ではまだ4分の1の収穫しか終わっていない段階なので、10月15日現在の数字を見てからでないと判断ができないとしているが、消費減少が続くなかで業界全体で米の消費拡大に努めることが重要との認識を示した。

 9月15日現在における水稲の地域別の10a当たり予想収量は、北海道、東北および北陸では、全もみ数が平年以上に確保され、登熟も順調に推移していると見込まれることから、北海道は573kg(前年産に比べ78kg増加)、東北は585kg(同21kg増加)、北陸は543kg(同10kg増加)と見込んでいる。
 その他の地域では、7月上中旬の低温・日照不足などの影響から、関東・東山は527kg(前年産に比べ12kg減少)、東海は493kg(同2kg減少)、近畿は505kg(同3kg増加)、中国は514kg(同5kg減少)、四国は469kg(同4kg減少)、九州は480kg(同32kg減少)と見込んでいる。
 この結果、全国の10a当たり予想収量は536kg(前年産に比べ7kg増加)と見込んでいる。

nous1910011901.jpg

(関連記事)
 ・【 2019年産米の作柄・1】今年の作柄は「平年並み」 JAcom独自調査 220JAの担当者に聞く(19.9.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ