米・麦・大豆 ニュース詳細

2019.10.31 
【2019年産米】全国作況「99」-10月15日現在一覧へ

 農林水産省は10月30日、令和元年産米の10月15日現在の予想収穫量を公表した。作況指数は全国で「99」。9月15日現在より2ポイント低下した。

10月15日付作況

 作付面積は146万9000haで前年産に比べて1000ha減少した。うち主食用作付見込み面積は137万9000haで前年産に比べて7000haの減少が見込まれる。

 全国の作況指数は「99」で10aあたりの予想収量は529kgとなった。

 これに主食用作付見込み面積をかけると予想収穫量は777万1000tで前年産にくらべ9000tの減少が見込まれる。このうち主食用の予想収穫量は727万tで前年産にくらべて5万7000tの減少が見込まれる。

 今年7月から来年6月末までの需要量は726万tと見込まれていることから、来年6月末の在庫量は189万tと今年6月と同水準になると農水省は見込んでいる。

 作柄は北海道、東北、北陸では全もみ数げ平年以上に確保され、登熟も順調に推移し作柄は平年以上になった。

 青森県は9月15日現在より1ポイント上昇し106となった。

 一方、その他の地域では7月上中旬の低温・日照不足の影響により全もみ数がやや少ない地域があることに加え、登熟も8月中下旬の日照不足、その後の台風17号による九州を中心にした潮風害、トビイロウンカと斑点米カメムシなどの病害虫で作柄が平年を下回った地域が多く全国作況は9月15日現在より2ポイント低下した。

 九州は「87」、四国は「94」で平成18年以来の不良となった。沖縄も「94」で不良。

 9月15日現在より作況指数が低下したのは30道県となった。

 佐賀は作況指数「63」となり、平成18年に「49」以来の不良。台風17号の潮風害とトビイロウンカによる被害が重なったことが作柄悪化の原因とみられている。


(関連記事)
【2019年産米】全国作況101 北海道・東北「やや良」佐賀・沖縄「不良」 農水省(2019.10.01)
【 2019年産米の作柄・1】今年の作柄は「平年並み」 JAcom独自調査 220JAの担当者に聞く(19.9.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ