Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

暑さ、いもち病に強い 東北向け業務用多収米を育種 農研機構2019年11月28日

一覧へ

 農研機構は東北地域に向けて、倒伏しにくく暑さに強い直播栽培に適した多収良食味水稲品種「しふくのみのり」を育成した。

 東北地域向けの業務用米に適した多収良食味水稲品種として農研機構がこれまでに育成し、作付けが拡がっている「萌えみのり」は、いもち病や暑さに弱いという欠点があった。こうした問題の克服に取り組んで育成に成功したのが「しふくのみのり」だ。

 「しふくのみのり」は「萌えみのり」並みに倒伏に強く、直播栽培に適した多収米。標準的な量の肥料を施用する標肥直播栽培で「ひとめぼれ」より約1割、標準的な量より多い肥料を施用する多肥直播栽培で同約3割の多収となる。
 また、「ひとめぼれ」並みの良食味を誇り、登熟期間中の高温にも強い。さらに、いもち病に強く、縞葉枯病にも抵抗性を持つ。栽培適地は東北中部以南で、目安は「ひとめぼれ」の栽培に適した地域。耐冷性が不十分であるため、冷害の発生しやすい地帯では栽培を避ける必要がある。
 今後は業務用米に適した品種として、秋田県が令和3年度に200haの作付けを計画。いもち病、縞葉枯病の発生や高温による白未熟粒の発生が問題となっている地域への普及が見込まれる。また、ご飯の食味が良いため、店内炊飯、おにぎり、弁当などの中食・外食への利用にも期待されている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る