想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

精米商品の物流で量販店などの業界団体に要請 JA全農と全米販2020年3月4日

一覧へ

 JA全農と精米商品の製造卸売業者の全国組織である全米販(全国米穀販売事業共済協同組合)は3月3日、今後も安定的に精米商品の物流手配を行うため、取引先である量販店や生協などの各業界団体に対し、精米商品の配送などに関する諸問題の改善に向けた要請を行ったと公表した。

 近年の物流環境はトラックドライバー不足などから厳しい状況となっている。とりわけ重量物である精米商品は敬遠される傾向にあるため、これまでと同じように製造・物流を維持することが困難になりつつある。

 こうした状況に対し、JA全農と全米販は、2019年から農林水産省、米卸業者とともに、精米商品の物流合理化に向けた話し合いを続けてきた。

 この話し合いをふまえ、さまざまな問題の改善を図るためには、取引先の理解と協力が必要不可欠であると判断し、JA全農と全米販は、量販店、生協、外食産業事業者および中食事業者などの業界団体※に対し、「精米商品の配送におけるリードタイムの延長等に関するお願いについて」を手渡し、さまざまな問題の改善に向けた要請を行った。


精米商品におけるリードタイムの延長等に関するお願いについて「精米商品におけるリードタイムの延長等に関するお願いについて」(クリックで拡大)


(※)要請先は次のとおり。
▽(一社)全国スーパーマーケット協会
▽(公社)日本炊飯協会
▽(一社)日本スーパーマーケット協会
▽日本生活協同組合連合会
▽日本チェーンストア協会
▽(一社)日本フードサービス協会
▽(一社)日本フランチャイズチェーン協会
▽(公社)日本べんとう振興協会

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る