左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

作況指数の基準となる2年産水稲の10アール当たり平年収量を決定 農水省2020年3月27日

一覧へ

 農林水産省は、「水稲の作柄に関する委員会」(持ち回り開催)の意見を踏まえ、令和2年産水稲の全国農業地域別・都道府県別10アール当たり平均収量を決定した。

表=令和2年産水稲の全国農業地域別・都道府県別10a当たり平年収量 ふるい目幅1.70ミリでの令和2年産水稲の全国の10アール当たり平年収量は、前年産より2kg増加の535kgとなった。

 ふるい目幅1.70ミリでの都道府県別の10アール当たり平年収量は、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、埼玉県、千葉県、富山県、石川県、広島県、鹿児島県が前年産と比べ引き上げとなり、岐阜県、静岡県、高知県、大分県が前年産と比べ引き下げとなった。

 水稲の10アール当たり平年収量とは次のとおり。
▽水稲の栽培を開始する以前に、その年の気象の推移、低温・日照不足などの気象被害の発生状況などを平年並みとみなし、実収量のすう勢を基に作成されたその年に予想される10アール当たり収量をいい、作柄の良否を表す作況指数の基準となっている。

▽全国の統一基準として、「1.70ミリのふるい目幅」で選別された玄米を基に産出した10アール当たり平年収量に加えて、平成27年産から生産現場における米の生産・流通実態を踏まえた「多くの農家が使用しているふるい目幅」で選別された玄米を基に産出した農家等が使用しているふるい目幅ベース10アール当たり平年収量も公表されている。

 なお、この水稲の10アール当たり平年収量は、作柄の良否を表す作況指数の基準や、農作物共済事業における共済基準単収の算定などで利活用されている。

 
 表=令和2年産水稲の全国農業地域別・都道府県別10a当たり平年収量(クリックで拡大)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
新世紀JA研究会 課題別セミナー右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る