Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本の「強い米」開発プロジェクトを表彰 オーストリア大使館商務部2020年9月17日

一覧へ

オーストリアで創設された国際環境賞「エネルギーグローブ賞」の国別部門で今年受賞した日本のプロジェクトに対する表彰式が、9月15日にオーストリア大使館の関連施設で行われた。

オーストリア大使館商務部 商務参事官 インゴ・ローシュミット(左)と、青葉区恩田町堀之内地区まちづくり協議会 代表 鈴木敏文オーストリア大使館商務部 商務参事官 インゴ・ローシュミット(左)と、
青葉区恩田町堀之内地区まちづくり協議会 代表 鈴木敏文

優れた環境プロジェクトに授与する目的で1999年にオーストリアで創設されたのがエネルギーグローブ賞。EARTH、FIRE、WATER、AIR、YOUTHの5部門で構成され、各部門における最もすぐれた環境プロジェクトを毎年表彰することで、世界各国の環境保護へのモチベーションを高めるのに貢献している。

2007年に新設されたのが国別賞で、日本が今回受賞したのは、横浜市青葉区恩田町堀之内地区まちづくり協議会と産業技術大学が共同で行った「再生可能エネルギーを利用した『強い米』開発プロジェクト」。

プロジェクトの具体的内容は、再生可能エネルギーを用いた水稲栽培技術で、送電線からの電力を使うことが困難な田畑でも、エアーポンプを駆動させて水田に空気を送り込むことで、稲根の成長を促し、台風でも倒れにくい稲を実現するもの。米農業が普及しているアジア諸国での食料の安全保障を改善するのに役立つ――こう高く評価されたとが受賞理由となっている。

【オーストリア大使館商務部】

【エネルギーグローブ財団】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る