Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:アクサーFL
全農ビジネスサポート:センター上:PC
JA全中中央SP

有機米デザインのアドバイザーにあずさ監査法人前理事長が就任2020年11月13日

一覧へ

有機米の栽培における課題を解決し、農業者の所得向上と有機米マーケットの拡大に取り組む有機米デザイン(株)は、昨年まであずさ監査法人の理事長を務めた酒井弘行氏がアドバイザーに就任すると発表。資金調達と事業加速に向け、経営管理基盤の強化する。

アドバイザーに就任する酒井弘行氏アドバイザーに就任する酒井弘行氏

同社は、山形県鶴岡市で地方都市の課題を希望に変える街づくりに取り組む、ヤマガタデザイン(株)のグループ会社。有機農業のハードルを下げるハードの開発に取り組み、水稲の有機栽培で大きな課題となっている除草工数を削減する無人田んぼ抑草ロボットなどを開発しており、研究開発では、東京農工大学をはじめ、東北、北陸を中心に多くの協働機関とのオープンイノベーションな体制を構築しながら事業を進めている。

今後、全国の企業から広く出資を募り事業を加速し、同社側の経営管理基盤を強化するため、酒井氏にアドバイザー就任を依頼した。酒井氏は「地方再生が言われる中、庄内平野と山形県の活性化にとどまることなく、日本の農業の未来に大きく貢献するヤマガタデザイン、有機米デザインを応援している。山中大介社長とその仲間たちの熱い思いが大きく育ち、やがてしっかりと実を結ぶよう、微力ではありますがお役に立てるよう努力します」と話している。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る