想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

北海道随一の米どころに「公設酒造」誕生 限定「地酒」予約受付開始 東川町2020年12月14日

一覧へ

北海道東川町は12月9日、ひがしかわのふるさと納税で、三千櫻酒造による町初の地酒となる日本酒「東川町伏流水仕込オリジナル限定酒」の予約受付を始めた。

三千櫻酒造三千櫻酒造

三千櫻酒造は11月に岐阜県中津川市から同町に移転した全国でも珍しい公設民営の酒蔵。東川町内生産の2種類の酒米、「彗星(すいせい)」と「きたしずく」を使った、東川町伏流水仕込オリジナル限定酒を返礼品として先行予約を受付けている。

東川町は、北海道最高峰の旭岳から湧き出る地下水を生活水として暮らす、全国でも珍しい「上水道のない町」。その豊かな水資源で育った「東川米」は、2019年のゆめぴりかコンテストで最高金賞を受賞するなど、米の産地としても全国的に知られている。そんな「水」と「米」を誇る東川町に、誘致した創業137年の老舗酒造、「三千櫻酒造」が造るオリジナルの限定地酒を届ける。

【数量限定予約】東川町伏流水仕込オリジナル限定酒【数量限定予約】東川町伏流水仕込オリジナル限定酒

◎【数量限定予約】東川町伏流水仕込オリジナル限定酒の内容

投資額:1万円
数量:2000セット限定
内容:500ml×2本セット
・東川産酒米「彗星」(55%磨き)使用:純米吟醸酒500ml×1本
・東川産酒米「きたしずく」(55%磨き)使用:純米吟醸酒500ml×1本
受付期間:12月31日まで
発送:1月下旬予定

【申し込み】

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る