想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本雑穀アワード2021「一般食品部門」エントリー商品 募集開始2021年1月20日

一覧へ

日本雑穀協会は1月18日~29日、雑穀を使った優れた食品を表彰する制度、「日本雑穀アワード2021 一般食品部門」のエントリー商品の受付を始めた。

日本雑穀アワード2021「一般食品部門」エントリー商品 募集開始

日本雑穀アワードは、雑穀を使った優れた食品の表彰を通じて、健全な雑穀の市場形成につなげる制度。これまでに150商品を超える優れた食品が金賞を受賞し、雑穀の魅力やおいしさを伝えている。

審査は、全審査員の評価合計点であらかじめ定められている基準点数から金賞、銀賞、銅賞を決定し表彰する。審査員は、雑穀アドバイザー、雑穀クリエイター認定者など、雑穀に関する幅広い知識や活用するスキルを修得し、様々な分野で活動している雑穀のスペシャリスト。

◎募集概要
応募期間:1月18日~1月29日
審査期間:2月10日~2月25日
結果発表:3月9日『雑穀の日』
対象商品:小売店舗や宅配、通信販売等により全国的な流通が可能な雑穀加工食品〈賞味期限表示の食品〉
審査方法:1商品につき8人以上の審査員が基準に従い、専門性を生かして、厳正、公正に評価

<審査基準>
(1)味覚評価(おいしさ)
(2)雑穀の生かし方
(3)商品としての価値
(4)雑穀普及への貢献
※以上4項目に関する全30細目を5段階で評価

【日本雑穀アワード公式サイト】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る