Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA三井リース中央(1)PC
JA全中中央SP

コメ 家庭内消費12月 再び増加-米穀機構調査2021年1月26日

一覧へ

米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)は1月25日、令和2年12月分の米の消費動向調査結果を発表した。11月に前年同期比でマイナスとなったが、12月はプラスに転じた。

1人1ヵ月当たり精米消費量の推移

12月の平均1人1か月あたりの精米消費量は4718グラムで対前年同月比で+4%だった。11月は前年比マイナスとなったが再び増加に転じた。

家庭内消費量は3271グラム、中食・外食消費量は1447グラムだった。対前年比では家庭内が+7.6%だったのに対して、中食・外食は▲3.3%だった。コロナ禍の自粛で中食・外食消費量は9月以降、4か月連続でマイナスが続いている。ただ、12月は家庭内消費の伸びが全体の消費量を伸ばした。

精米の購入・入手経路は「スーパーマーケット」が48.8%、「家族・知人などから無償で入手」が17.5%、「インターネットショップ」が9.9%となっており、順番は前月と変わらない。

家庭内在庫 増える傾向

家庭内の月末在庫量は6.7kg(平均世帯人員2.33人)。令和元年度は前年比▲3.1%だったが、新型コロナウイルスの拡大で昨年4月から12月は前年比+4.8%となっている。これまでのところ1年前とくらべて巣篭り需要で米の家庭内在庫量も増えているようだ。

最新の記事

愛知製鋼右上:SP

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る